墨田区)店舗付住宅ビル共聴地デジ・BS/CSアンテナ新設

2012.08.24 Friday

0
     ご依頼有難う御座いました。

     8/24(金)墨田区Mビルにて、地デジ・BS/CSアンテナの新設工事を完了しました。

    墨田区 Mビル 地デジアンテナ新設

    墨田区 Mビル BS/CSアンテナ新設

     8月まではアナログ時代の電波障害対策CATVで引き続き、地デジ放送もご覧になっていたそうですが、地デジに移行になったことで、これまで電波障害の原因となっていたAビルはその原因から外れることになった為、Aビルの屋上に立ててあった共同アンテナからの近隣地域への電波障害対策用CATV配信は廃止することとなり、CATV線は撤去されたそうです。

     実はこちらのMビル、地上波アナログ電波の時はAビルが電波障害の原因だったかもしれませんが、現在はMビルとAビルの間にAビルよりもさらに敷地も広く高いBビルがそびえ立っており、そのBビルによって東京タワー方向は塞がれ、且つ、BS/CS衛星方向もMビル屋上からは立ち塞がれた状況となっていました。

     Mビルのオーナー様の話では、アンテナを立てれば確実にテレビが見れると判断できた場合はCATV線を外しますという話だったのに、アンテナで見れるかどうかの結果を知らせてもらえないまま、突然CATV線を切られたと大層ご立腹でした。

     階下はご自身のテナントとなっていますが、上階は賃貸住宅物件となっている為、突然テレビが見れなくなったとご入居者様からは大ブーイングだったそうで、大慌てでアンテナ業者を呼んで、アンテナを立てようとされたらしいのですが、呼んだアンテナ業者は現場目視だけだったのか、「地デジもBSもCSもアンテナ受信は100%無理です」と言って帰って行ったそうです。

     有料CATVを契約してテレビを見ようにも、こちらも4ヶ月先と言われたそうで、ほとほと困り果てておられました。

     おそらくそれで、CATV線を切ってしまった会社に「何とかして欲しい」と訴えられたのでしょうか?
     当店にこちらの現場を紹介してくださったのは、CATV線を切ってしまった会社からでした。
     こちらは大手のアンテナ工事会社ですから、100%アンテナ受信ができないのならば、CATV線を切るはずはない…というのが当店の施工担当者の見解でした。
     ですので、とりあえず現場を確認させてくださいと、あきらめモードのオーナー様に「うん」と言ってもらい、すぐ様現場確認に向かいました。
     
     伺う前に、GoogleのストリートビューでMビルの立地を確認すると、Bビルがあまりにも高く接近しているので、これは行っても無駄足かもしれないという気持ちが施工担当者の頭をよぎったようですが、10%でも可能性があればと、簡易アンテナを用意して出かけて行きました。

     現場調査の結果は、地デジは近隣ビルからの反射波があり、十分受信できる状況でした。

     BS/CS放送については、屋上に既設されたBS/CSアンテナが残っていましたが、Bビルに立ち塞がれて、受信できなくなっていました。

    墨田区 Mビル 既設BS/CSアンテナ

     up ○で記した位置が既設アンテナの向きと角度

     Bビルは高い上に横長であるため、Bビルの頭上からBS/CS電波を受信する為には、Mビル屋上のかなり高い位置にパラボラアンテナを設置しないと受信は難しく、こちらは無理かなーと思いつつも、衛星放送に関しては、スカパー代理店時代から数え、もう15年もの経歴がありますので、あきらめずにありとあらゆる可能性を考えていますと、ありました、ありました、こちらでも受信できるポイントを見出すことが出来ました。

    墨田区 Mビル BS/CS受信ポイント

     up このわずかな空間から電波をキャッチできました。

     しかし、このポイントは本当にピンポイントと呼べる場所で、受信状況は一般的なレベルと比較すると弱いと言えます。
     大雨の雨雲で衛星電波が遮られて映像が出ないというのは一般的受信レベルでもよくあることですが、こちらはわずかな曇りでも影響が出るかもしれないという受信レベルでした。

     地デジについては他の業者でもアンテナを立てれば、受信出来たはずですが、BS/CSについては、100%無理と言われても納得できる現場でした。

     ここまでは現場調査日のお話で、ここからが施工日のお話となります。

     当日は、日差しの強い灼熱の天気で、屋根のない屋上での作業は大変暑かったです。

     まず、先日の現場調査で地デジは難しくないことが分かっておりましたが、BS/CSについては、マストを長くし、高い位置にアンテナを設置すれば、Bビルの頭を超えた地点の電波をキャッチできるのではと思い、4mのマストの先に方向を調整したBS/CSアンテナを取り付け、手でギリギリまで持ち上げてみましたが、残念ながらこれでもBビルの頭を超えることはできませんでした。

     これで可能であれば、マストを繋いで6mくらいまで延ばし、高い位置にBS/CSアンテナを設置して、安定受信を狙いたかったのですが、それでは足りないことが分かりましたので、それ以上高くすることは危険であると判断し、やはり、現場調査時に見出したピンポイントにてBS/CS電波をキャッチすることにしました。

     作業は先に地デジアンテナの設置から始めました。

    墨田区 Mビル 地デジアンテナ設置前

     up 地デジアンテナ設置前

     屋上のコンクリート壁面にアンカーを打ち、4mのマストを設置しました。

    墨田区 Mビル アンカー打ち1墨田区 Mビル アンカー打ち2墨田区 Mビル マスト取り付け金具設置

    墨田区 Mビル マスト設置

     マストを設置し、地デジアンテナを取り付けました。

    墨田区 Mビル 地デジアンテナ設置

     こちらも東京タワー方向はBビルで塞がれていましたが、周辺建物からの反射で問題電波を受信することができました。

     またこちらのビルはスカイツリーに近い位置にあり、電波塔が移行すると、アンテナ方向が変わる為、Bビルの電波障害も関係なくなります。

     続いて、BS/CSアンテナを設置しました。
     
    墨田区 Mビル BS/CSアンテナ設置

     既設BS/CSアンテナはその設置位置では全く電波受信が出来ませんし、錆びていたこともあって新しく新設しました。

     ビルの最も端っこの本当にピンポイントの場所でしか電波を受信することができませんでした。
     高くしても低くしてもダメ、左右横にずらしてもダメ。
     海外衛星アンテナを設置する際のコツがここで生かされました。

     地デジ、BS/CSの両方のアンテナを無事に取り付け、屋上での作業は終了、お次はテレビ盤に既設されているブースターの調整です。

    墨田区 Mビル テレビ盤

     既設のブースターや分配器は、BS/CSまで対応となっておりましたので、今回の工事で取り替えることはなく、ブースターの再調節のみで終了しました。

     最後はオーナー様のテナントで地デジとBS/CSの電波レベルを測定し、地デジについては、映像確認も行ないました。BS/CSについては対応したテレビではなかったので、電波レベルの測定のみでしたが、やはり少し電波は弱い感じでした。
    その件に関しては、先日の調査後にも説明済みでしたので、ご理解頂きました。

     アンテナでの受信をすっかりあきらめていたオーナー様でしたが、大変喜んでおられました。

     工事代は88,000円でした。

     今回のケースでは、元々はAビルの電波障害でこの地域は共同アンテナCATVになった訳ですが、地デジになったことで、Aビルの電波障害は改善された訳なので、Aビルが引き続きCATV維持費管理費を負担してこの地域に地デジも配信する責任はありません。
     ですので、AビルがCATVを撤収してしまっても、この地域の方がAビルに意義を申し立てることはできない訳です。
     どうしても引き続き電波配信をしてもらいたいというのであれば、維持管理費を負担する、有料CATVになるしかありません。

     それが嫌な場合は、現在の電波障害原因となっているBビルと掛け合って、電波障害対策用CATV設備を設けてもらうのが筋でしょう。
     しかし、後1年もすれば電波塔がスカイツリーに移行し、Bビルも電波障害原因とはならなくなってしまう為、わずかな期間の為に、高い費用を払ってCATV設備を近隣に施してくれるでしょうか?
     CATV設備を巡らせたはいいが、1年程度で使わなくなったので撤去してくださいでは、Bビルも手痛い負担だと思います。
     なので、Bビルとしては知らん顔を決め込みたいところでしょうね。

     今回アンテナでの受信が可能となって、さぞかしBビルも安心したことでしょう。

     
    <PR>ロープ高所作業もお任せください。
     高層看板などのアンテナ設置工事はもちろんのこと、
     外壁の調査や修復・塗装・コーキング、
     高層看板の張替えや電球交換、
     鳥よけの設置や高い樹木の枝切等
     ロープアクセス技術で足場を組まずに作業ができます。
     お見積りのお申込はコチラから → https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P1844481 
    ロープ高所作業も東成エンジニアリング

    ブログランキングに参加しております。ワンクリックよろしくお願い致します。よつばのクローバー
       down

    にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
    人気ブログランキングへ