地デジ増設+BS/CS新設+海外衛星放送アンテナ設置工事

2009.06.20 Saturday

0
     ご依頼有難う御座いました。

     6/19(金)鎌ヶ谷市S邸にてタイトルの工事を全て完了致しました。

    鎌ヶ谷市S邸 地デジ・BS/CSアンテナ

    鎌ヶ谷市S邸 海外衛星放送受信160cmアンテナ

     2F建ての戸建住宅(4分配)で、これまでは屋根上の既設VHFアンテナでテレビ視聴にされていました。

     早速、屋根上に上がり周りを見ると、立地条件が若干低い地域でしたので、予想通り、地デジ電波の船橋局は殆ど入らず、東京局のみでした。東京局の信号強度は平均50dB〜57dB程度でしたので、問題なさそうでした。

     最初は既設のVHFアンテナの下に地デジアンテナを設置みましたが、
    鎌ヶ谷市S邸 地デジ・BS/CSアンテナ設置作業1
    電波方向300m位先に小学校があり、アンテナの高さ1m程度の違いで3〜4dBの差が出ましたので、一手間かかりますが、マストの既設VHFアンテナを下ろし、
    鎌ヶ谷市S邸 地デジ・BS/CSアンテナ設置作業2
    鎌ヶ谷市S邸 地デジ・BS/CSアンテナ設置作業4
    鎌ヶ谷市S邸 地デジ・BS/CSアンテナ設置作業5
    地デジアンテナを優先して一番上部に付け、下にVHFアンテナを付ける事にしました。
     マストの一番下にはBS/CSアンテナを付け、屋根馬の足もシリコンで屋根と密着させました。
    鎌ヶ谷市S邸 地デジ・BS/CSアンテナ設置作業6
    お客様のご希望が、出来ればブースター無しでの設置ということでしたので、VUとBC混合器をつけて混合しました。
    屋根上には3分配器があり、よく見ると、元々の宅内引込線以外に後でTV端子を増やす為、外から2本配線し屋根から3分配器を付け分けたとのことでした。
     通電側は元の引込線になっている事を確認し、1Fのテレビで映像を確認すると、アナログと地デジの全チャンネルは映りましたが、BS/CSが映らない状態でした。
     室内は全部で4箇所のTV端子があり、壁貫通の露出端子2箇所は屋根からの分配で、残り2箇所は元々宅内の分配(もしくは送り配線)でしたので、その2箇所のプレイトを外し端子裏をみると端末端子でしたので、どこかで2分配された事が考えられ分配器がある場所を探す事になりました。

     まず天井裏が見える場所をお客様に尋ね、2F押入れの上から天井裏に上がることになりました。ライトを照らし分配器を探してみると、手の届かない3m位離れた狭い場所にありました。天井裏は細い垂木なので落ちないように、こうもりみたいな格好で梁をつかみ渡り、近づいて見ると古いVU2分配器でした。ショック
     ですので、再び天井裏に上がり、VUBC対応の分配器に換え、通電側もリビング線に繋ぎ、手の届く距離まで移動させました。
    天井裏はまるでサウナのようで、すぐに汗だくになりました。汗

     もう一度、1Fのテレビを確認すると、BS/CS全チャンネルも綺麗に映るようになりました。拍手

     続いてベランダで海外衛星アンテナ取付け作業に入りました。
    鎌ヶ谷市S邸 160cmアンテナ取付金具・マスト

     物の見事にASIA SAT3衛星の電波を捕らえ、
    鎌ヶ谷市S邸 海外衛星放送受信レベル
    チューナーまで約30m配線し、
    鎌ヶ谷市S邸 海外衛星アンテナからの配線
    お客様ご希望のフランス放送を含めドイツ、韓国、インド、パキスタン、米国など約40チャンネルの無料放送が綺麗に見れるようになりました。

     工事代は全部で141,000円となりました。

     お客様のお話では、いくつかの業者に海外衛星放送の受信設備のお見積もりをしたそうですが、ある業者は機器だけで20万円すると言われたそうで、地デジ、BS/CSアンテナまで設置してもこの価格で済んだと、とても喜んで頂きました。

     また飲み物やお菓子等、お気遣い頂き、有難う御座いました。

    にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へにほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 葛飾区情報へにほんブログ村人気ブログランキングへ