保育園の地デジ増設工事

2009.03.16 Monday

0
     3/16(月)葛飾区S保育園にてタイトルの工事を完了致しました。

    葛飾区S保育園施工前

      up施工前

    葛飾区S保育園施工後

      up施工後

     2F建てのコンクリートビル(6端子)でこれまでは電障CATVでアナログ放送をご覧になっていました。

     宅内端子のレベルを測ってみると、1FはVHF電波が流れていましたが、2Fはどこかで切られているのか何も流れていない状況でした。

     屋上に上がると、壁面にあった既設のマストにはVHF、BSアンテナが取り付けてありましたが、アンテナ線は下のほうで全部切られて、電柱からCATV線が宅内線に繋げてありました。

     まずは使わないVHFアンテナを下に下げ、マストの上部に共聴用の地デジアンテナを取付ました。BSアンテナもレベルを測ってみると、若干方向がずれていましたので、向きを修正し、ブースターでVHF(電障CATV)と混合しました。

     次に2Fの切られた宅内線2本も分枝器を使い繋ぎなおしました。おそらくブースターなしで全体にはVHFのレベルが落ちてしまし、テレビが置かれてない2Fの配線を屋上で切ったと推定されます。
    その後、2F通電側端子にブースター電源部をかませて、1F,2Fの各端子の正常なレベル(65dB〜80dB)と映像を確認しました。

     こちらの保育園は我が家の子どもたちが数年間に渡って通わせて頂いている園で、あと数日でとうとう下の娘も卒園してしまいます。ポロリ
    それで、お世話になった園や先生方に「うちで出来ることと言えば…」と夫婦で相談し、思い切って園長先生に地デジ工事の提案をさせて頂きました。

     工事代としては全部で7万円程度になるかと思いますが、子ども共々親である私たちもこの園を卒園することになりますので、せめてもの記念として工事をさせて頂き、工事代は頂きませんでした。お金NO!
     
     子どもたちに本物の体験を多く取り入れ、心身共に強い子に育つようにと様々な計らいをして下さった園長先生を始め、先生方には長年本当にお世話になりました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。有難う御座いました。

    にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へにほんブログ村
    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村
    人気ブログランキングへ
    1